NEWS

RAF SIMONS S/S 20 Collection

  • お知らせ

2/8(土)12:00から、20SS RAF SIMONSを発売致します。

今期はホスピタルやラボラトリーからインスピレーションを受けています。そのカテゴリーは無菌環境、微量の恐怖感、狂った教授、実験の失敗…

これらのインスピレーションは、ラボコート、手袋、背中のない病院のガウンに明確に表現されています。

また、先日発表された20AWコレクションと併せて頭に浮かんだ”原点回帰”というワード。ショーを通じ、強烈なメッセージを発信し世の中に警鐘を鳴らす様は、昔のラフシモンズのアンダーグラウンド、ローカルチャーさが表現されているように見受けられます。

毎回、ショーピースは着こなすのが難しいブランドですが、テンプレ化している今のシーンだからこそチャレンジして欲しいコレクションとなっております。RAF SIMONSの発信するメッセージを是非店頭でご体感ください。

COMME des GARCONS HOMME PLUS x NIKE “AIR MAX 95”

  • お知らせ

20SS コレクション内でコラボされた、NIKE “AIR MAX 95″が2/7(金)に全国一斉発売されます。

AIR MAX 95はNIKEの中でも非常に高貴に扱われているモデルであり、今までのコラボレーションではパターンの変化は許されず、カラー、マテリアル、タンロゴを変更する程度でした。しかし、今回のHOMME PLUSモデルでは特別にパターンをアップデート。特徴的なレイヤーの縫い代を蛇行させながら大きくし、断ち切りでほつれを出しています。また、レイヤーの間にウレタンフォームを挟むことにより通常のAIR MAX 95よりもボリュームを出し、ファッション性を高めています。

紐を通すレースループは通常1枚目のレイヤーから均等に平行に出ているのですが、わざと歪みあるところは二層目から、あるところは平行でなく斜めにと今までに無かったアップデートとなります。逆にアッパーデザインに様々な変化をもたらしてる為、タンのロゴは95年のオリジナルのものを残しています。

この様な点から今までの他ブランドとは一線を画すコラボレーションとなっております。

COMME des GARCONS HOMME PLUS S/S 20 Collection

  • お知らせ

1/11(土) 12:00より、20SSのCOMME des GARCONS HOMME PLUSを発売致します。

今期のテーマは”Orlando”

12月に上演するウィーン国立歌劇場150周年記念公演オペラ「オルランド」。この舞台衣装を川久保玲が手がけることが決定。メンズコレクション、ウィメンズコレクション、そして12月のオペラで完結する、3部構成のコレクション。

川久保玲が提示したのは、エリザベス朝からクラブのダンスフロアのアイテムまで、全く異なる時代のアイテム。フロックコートにはドレスとNikeエアマックス95を組み合わせ(Nikeがこのモデルのシルエットの変更を許可したのはこれが初めて)、さらに、ブランドロゴをあしらったパールのネックレス、フリルの隙間からへそがのぞくシャツなど、ファッション史に何度も登場してきたアイテムが、大胆かつモダンにアレンジ。

稀代のプロジェクトの先駆けとなる本コレクションを是非店頭でご体感ください。

年始の営業日程

  • お知らせ

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。本年も変わらぬご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

年始は下記の日程で営業させて頂きます。

1/1

年始休業

1/2

12:00 – 17:00

1/3

12:00 – 17:00

1/4~

12:00 – 20:00(通常営業)

Jupe by Jackie S/S 20 Collection

  • お知らせ

本日から、”Jupe by Jackie”の20ssコレクションをスタートします。

2010年にオランダのファッションデザイナー、”Jackie Villevoye”によって設立されたJupe by Jackie。

デザイナー自身が旅したインドで、現在のファッション業界とは希薄となった高度な刺繍技術と出会う。世界的にも有名なインドの職人によって一点ずつ手刺繍で作られ、現在の大量生産とは真逆のアプローチから生み出される洋服達は唯一無二の仕上がりとなっている。

当店でも徐々に認知され、年齢問わず愛されるブランドとなってきております。

20ssの新作も是非ご期待ください。

KIJIMA TAKAYUKI S/S 20 Collection

  • お知らせ

KIJIMA TAKAYUKIの20ssコレクションがスタートしました。

今期のテーマは”CUBA”

華やかなキューバのイメージだけではなく、哀愁の漂うノスタルジックなアダルトムード。グレイッシュなトーン。ルンバやソンは陽気で情熱的な中に哀愁を感じる音楽。

まずは定番のコットンビーニーが各色店頭に並びます。今期のKIJIMA TAKAYUKIも是非ご期待ください。

MARNI S/S 20 Women’s Collection

  • お知らせ

MARNI “Women’s”

メンズと共にS/S 20 Pre Collectionがスタートしました。

20SSメンズコレクションのストーリーの続編を描いたMARNI。迫りくる環境問題への警鐘を鳴らした、そんなストーリーから続く第二章となる今回、プラスチックは一切の姿を消し、生い茂るジャングルの緑へと変貌した。ウィメンズコレクションでは、そのジャングルを舞台に陽気なワードローブを繰り広げる。

大胆な手書き風のフラワーまたはボタニカルモチーフが、今シーズンをトロピカルなムードで満たしていく。ビタミンたっぷりのオレンジから、ヴィヴィッドなピンク、爽快なグリーン、そして鮮烈なブルーまで、ウキウキするカラーパレットが、レザーやシルクなどテクスチャーを違いをものともせず続々と現れる。時にチェックやストライプなど、直線的グラフィックをハイブリッドして、変わらぬMARNIの十八番と共存する。

多くのお客様のリクエストに応え、当店では数年ぶりに再開するウィメンズのMARNI。当店ならではのセレクトを是非お楽しみください。

MARNI S/S 20 Men’s Collection

  • お知らせ

MARNI “Men’s”

S/S 20 Pre Collectionが本日から一早くスタートします。

20SSコレクションでは、文明の発展や便利さと引き換えに堆積したプラスチックに象徴されるように、人工と自然が衝突しながらも不均一に調和している様を描き出し、昨今のファッション業界全体の問題であるサスティナブルについて提起したコレクションとなっている。

熱帯地域を彷彿させるアクティブなルック、袖をまくり上げたカジュアルなジャケットスタイルにはスカーフを組み合わせ、ボーダーシャツにはまっさらなホワイトのパンツをスタイリング。レザーシューズは踵を踏んで、海際を歩く時のような開放感を表現。シャツやジャケットの所々にあしらわれた、日本人彫金家の長井一馬によるシュールな動物のブローチも活動的な雰囲気を強めた。

フランチェスコ・リッソによるMARNIも気付けば6シーズン目に。 年々評価を上げるリッソによるMARNIに今季も是非ご注目ください。

12月/年始の営業日程

  • お知らせ

12月の定休日

2日(月)、9日(月)、16日(月)、31日(火)

年始の営業日程

1日 年始休暇

2日(木)、3日(金) 12:00 - 17:00

4日~ 通常営業

News & Event

RAF SIMONS S/S 20 Collection